こちらのサイトではマグネット印刷をするにあたり、ぜひ知っておきたい情報が満載です。
印刷する時はどんな色が何種類まで使えるのか、フルカラーで印刷することは出来るのかなど疑問を持つ方が多いでしょう。
また一般的な紙への印刷とは異なる分、値段も気になる所です。
モノクロとカラーでは値段の違いがあるのか、カラーの中でも値段に差があるのかなども知りたいですよね。
そんな疑問を、誰にでも分かりやすいよう解説していきます。

マグネット印刷の時はどんな色が使えるの?

マグネット印刷の時はどんな色が使えるの? マグネット印刷には様々な使い方があり、その利便性の高さで近年ますます注目を集めています。
企業の宣伝にマグネット印刷を使用される事が多くあり、色もモノクロからフルカラーまで様々な種類があります。
紙チラシの場合だと、見た後はゴミとして捨てられる場合が少なくありません。
しかしマグネットであれば冷蔵庫などに貼って使って貰える事により、宣伝効果は格段に上がります。
マグネットの使い方で意外に知られていないのが、車にマグネットを貼る方法です。
勿論会社の宣伝用などにも大活躍してくれます。
簡単に剥がすことが出来るので、貼る位置を変えたい時などにも大変便利です。
また、マグネット印刷はオリジナルデザインを作成したり、写真をそのまま印刷する事も可能です。
特別なイベントや思い出作り、プレゼント用としてもピッタリです。

マグネット印刷するのにおすすめな色の選び方

マグネット印刷するのにおすすめな色の選び方 近年では、お手頃価格ながら生活をより便利にしてくれるマグネットシートが様々な用途で使用出来るとしてバリエーションがどんどん広がっています。
家庭用インクジェットやレーザープリントなど、手持ちのプリンターでマグネット印刷として使う事が出来るタイプがあります。
表面に特殊な加工が施されており、にじむ事が無くきれいに印刷が出来ます。
屋内用と屋外用があり、屋内用でしたら写真などを印刷してインテリアとしても使用可能です。
ハサミで好きな形にカットして自由に作れます。
また、屋外用ではスチール面にはどこでもつくので車のステッカーや広告、またはノベルティーなどの販促ツールとしても簡単に作成出来るのが特徴です。
マグネット印刷は様々な色を選ぶ事が出来ますが、フルカラーでの印刷により写真やグラデーションも可能となるので折込チラシやフライヤーなどの内容をそのまま印刷することにより、広告効果が期待出来ます。
色の選び方にはいろいろありますが、会社でオリジナルの物を作成したい場合に部分的に色を変えたり創造性豊かなものを低コストで作成出来るので、とても便利なアイテムです。
時期によって看板を変えたい場合などにも活用でき、様々な用途に使用出来るのが魅力です。

社内連絡先のご利用にマグネット印刷をどうぞ

社内であの部署に連絡をしたいのに、連絡先が見つからないそんなことはありませんか。 社内の固定連絡先をマグネット印刷して配布するのはいかがでしょう。 マグネット印刷でホワイトボードにペタリと貼っておけば、すぐに連絡が出来ます。 イントラに掲示しておけばアップデートも簡単だし、誰でもアクセスできるというのも確かです。 しかし、社会社には色々な立場の人がいます。 パソコンにアクセス権のない人、まだ慣れていない新入社員にとっさの対応を求めるのは難しいことです。 コピー用紙に印刷して貼るのも一つの手ですが、見栄えが悪かったり劣化していく問題があります。 綺麗にデザインしたマグネットを貼り付けておけば、シンプルに収まり目につきやすいメリットがあるのです。 全社統一で配布すれば一枚一枚の価格も、個別にコピーするのと大きく変わりありません。 一律の固定電話はみんなが見える場所に貼り付けてしまいましょう。 よろしければ、こちらへご相談ください。

マグネット印刷をする際の色の選び方について

マグネット印刷は、最近では多くの企業や会社などでマグネットを広告として使うために使用していると言うところは多いのではないでしょうか。たくさんの方の目につきやすいと言うことも特徴ですし、インパクトがあるため、多くの方が印象に残り、影響を受けるものとなるでしょう。そんなこの広告ですが、今まで一度もマグネット印刷を行ったことがないと言う会社や企業の方はどのような色合いのものを選んだら良いのか分からないと言う方は少なくないです。そのような方に向けて、これからマグネット印刷をする際はどのような色の選び方をするのが良いのかについて説明していきます。 一番良いものとして、はっきりと目立つものが良いことに変わりはありません。なぜなのかと言うと、はっきりと目立つものなら遠くから見ても分かりやすいですし、目につくため、たくさんの方が気にするからです。そのため、濃いものを選ぶことはおすすめですし、実践した方が良いと言うことです。

マグネット印刷で付け足せるオプションは色々ある

マグネット印刷では、四角や丸などの決まった形で納品されることが多いです。そしてオプションでは、その形状の変更ができる場合があります。イラストや文字に合わせることで無駄な余白を出さずに済み、スタイリッシュなシルエットになるでしょう。 またマグネット印刷の仕上がりを変更できることもあります。使用するインクを変えてより細かいデザインに対応しやすくなったり、印刷面の素材を変えて質感を変更したりできます。表面にコーティングを施して、傷や汚れに強い仕様にできることもあります。 さらに通販タイプのマグネット印刷だと、納品までの期間をオプションで何とかできることも多いです。料金を多めに支払うことで通常よりも完成までの期間を短くできる対応です。それを活用すると、注文するタイミングや配達先の住所次第では当日に出荷や納品できることもあるかもしれません。完成品が急に必要になった場合にも便利なサービスと言えるでしょう。

最大い級のマグネット印刷が出来る会社です!

広告にしても、イベントにしても、様々な場面で使われているのがマグネットです。販売しているというところも有りますが、やはり会社で広告として使うことも多いのではないでしょうか。専門的にマグネット印刷を行う会社に依頼することになりますが、最大の大きさにしてもらいたいという要望がある場合は会社選びから入っていく事になるかもしれませn。限界の大きさという事で設定している最大の大きさはそれぞれの会社で異なりますし、マグネット印刷を専門的に行うところも有りますので要チェックです。比較ポイントとしては料金もあげられます。出来れば安い方が良いという事で価格を重視して選ぶケースも有りますが、品質も天秤にかけた時に品質が高い方が良いという事になりますと最安値にはならないことも有ります。バランスをみて何を求めるかという事を見て選んで行くと良いでしょう。口コミ評判なども参考になりますので、まずはまとめられているサイトなどもチェックです。

安くマグネット印刷をしてもらい活用するには

ネットプリントサービスが広まってしばらく経ちますが、バリエーションが増えてバッジなりケースなり、ノベルティに使えるようなものまで登場しています。その中でもマグネット印刷は、元々の紙に近い素材でありつつ特殊な性能を持っている事から人気があります。
マグネット印刷はその名の通り、マグネットに好きな文字や画像を印刷する事です。印刷されたものは分かりやすい所では冷蔵庫に貼り付けられますが、業務で言うならロッカーに貼れるため、簡単なネームプレートにもなりますし、遊び心でデコレーションも可能です。従来であれば専用に作られたものを買って来るしかありませんでしたが、印刷してくれるサービスが安く行ってくれるため、自分で描いた絵でも簡単に印刷出来るようになりました。自宅にプリンターを持っている人ならば出来なくもないですが、マグネットを買って来て頑張って印刷して、と考えるならば、プロに完璧な技で作ってもらった方が早いでしょう。

マグネット印刷を屋外利用で発注するには条件があります

マグネット印刷と呼ばれるものがありますが、身近な事例では水道関連の修理会社が宣伝用として配布しているタイプがあります。
金属製品に貼り付けることができるので、給湯器や冷蔵庫などに貼り付けている方も少なくはありません。一方でマグネット印刷を屋外で利用したいと考えた際には、看板用や営業車のボディに貼り付けるタイプが該当しています。発注先で推奨できるのはネット上で営業をしているマグネット印刷の専門店がお得になり、コストカットに成功していることから単価が安いメリットがあります。屋外で利用するタイプには条件を確認する必要性があり、まずは磁力が高いシートを選ぶことと、印刷を施す面に対しては耐水性は勿論のこと、耐候性やUVカットを施している素材が該当しています。後は利用目的によって欲しいサイズは変わるものですが、マグネット印刷の専門店の中には自由なサイズ指定を行える会社が営業をしているので、大型タイプでも発注できれば希望通りに製作してもらえます。

マグネット印刷シートにおける高分子樹脂の役目

色々な商品を販売する際に、それをいかに多くの人に見てもらうかということは非常に大切です。せっかくいい商品を作ったとしても、それが多くの人に知られなければ何の意味もありません。そのような事で、いろいろなものの広告というのが大変重要になってきます。広告を行うにあたって、よく利用されるものが紙に印刷をしたものです。このように宣伝したものを、新聞などに挟み込んでそれということが行われます。このような広告は大変多く見られていますが、現在ではあまりにも見慣れたものになってしまい注目を引くことは難しくなっています。
そのようなことから使われるようになったのがマグネット印刷シートです。このマグネット印刷シートの本体は、ゴム磁石でできています。その表面に色々なものが広告を行うことにより、広告を行います。ゴム磁石は、フェライトなどの細かい粉を高分子樹脂に飲み込み固めたものです。高分子樹脂が役目を果たして整形を行うことになります。冷蔵庫などに磁力で張り付きますので長い間人目に付き広告の役割を果たします。

実用的なマグネット印刷にどんな文言を入れるか

マグネット印刷を依頼する場合、実用的なデザインにすることで顧客のニーズが高まります。実用性の高い物にする場合、できるだけ余分な情報を入れず、最低限の情報だけで済ませるようにすることが必要です。シンプルであればあるほど納得できる形で自社の伝えたいことを伝えることが可能となります。
例えば自社名と電話番号だけを伝える形で提供すれば、目を引くと同時に困ったときに連絡をすることができると喜ぶ人も少なくありません。また、メールアドレスや業務内容を小さな字で書いておくことで、どんな時に依頼したらいいのかを明確にすることができます。コストを抑えて適切に利用するためには、文字数なども少なくするという企業は多いです。
マグネット印刷には自社の名前・業務内容・電話・メールの4つだけで最低限の情報を提示することができるのと同時に、不要な情報を排除して必要な情報をも見つけたい場合に調べることが可能となります。なお、SNSのアカウントなどを書いておく企業もありますが、SNSを通じて自社へのニーズを高くすることができるかどうかなどをも検討してから取り入れたほうがいいでしょう。

マグネット印刷でユニークな作品を楽しもう

マグネット印刷は、ノベルティ配布やポスティングなど幅広い用途で活躍ができます。ユニークなデザインを作成することで、アートも楽しめることができるのがマグネット印刷です。デザインが印刷される部分は、プラスティック資材のため艶がでているのが特徴になります。見た目がきれいなだけでなく、プラスティックフィルムを使用することで高い耐久があり水や汚れにキズなどから印刷面を保護できるのです。
デザインによっては、高級感のある見た目になるだけでなく実用性もあります。フィルムを圧着することで用紙のめくれや角折れを軽減する効果もあり長期間の使用が可能です。クリップと一緒になっているタイプは、特に実用性があることから人気が高いです。家庭にある冷蔵庫に貼れるだけでなく、クリップ代わりに書類を挟むこともできるので使用頻度が高いといえます。もし、企業の宣伝として使いたいなら貼られる期間が長く目に入りやすいクリップタイプがおすすめです。

マグネット印刷に関する情報サイト

マグネット印刷はお任せください

新着情報

◎2022/6/30

情報を追加しました。


>安くマグネット印刷をしてもらい活用するには
>マグネット印刷を屋外利用で発注するには条件があります
>マグネット印刷シートにおける高分子樹脂の役目
>実用的なマグネット印刷にどんな文言を入れるか
>マグネット印刷でユニークな作品を楽しもう

◎2020/12/8

値段は色によって違いは出るのか
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

モノクロ依頼すると安くなる?
の情報を更新しました。

◎2020/8/31

サイト公開しました

「マグネット 色」
に関連するツイート
Twitter

ハンドメイドマーケットminneで5組 オーバルマグネットクラスプ 約11×5mm☆磁気留め具☆ゴールド【cli012g】(420円)の販売を開始しました!

12月6日 Amazonおもちゃ雑貨・手品 の 売れ筋ランキング第20位 | YOIKO マグネットボール 立体パズル 直径5mm 1000個セット DIY工具 脳開発パズル(十) / ¥5,199 [10:05 情報]

ランタン Beszing ledランタン 光色・輝度記憶搭載 3切替 無段階調光 5200mAh USB 充電式 小型 暖色 マグネット式付き アウトドア携帯キャンプ用品/応急 防災 停電用【連続点灯255時間】 238 スポーツ アウトドア 売れ筋です

ランタン Beszing ledランタン 光色・輝度記憶搭載 3切替 無段階調光 5200mAh USB 充電式 小型 暖色 マグネット式付き アウトドア携帯キャンプ用品/応急 防災 停電用【連続点灯255時間】 633 スポーツ アウトドア 売れ筋です

ランタン Beszing ledランタン 光色・輝度記憶搭載 3切替 無段階調光 5200mAh USB 充電式 小型 暖色 マグネット式付き アウトドア携帯キャンプ用品/応急 防災 停電用【連続点灯255時間】 660 スポーツ アウトドア 売れ筋です